アムス語学スクール

ようこそ!アムス語学スクールへ!

tatemono-ams01アムス語学スクールは、1999年小さい一つのリビングで始まりました。近所の女の子が英語を教えて欲しいという要望に答えることで、一人から始まりまし た。それが、その女の子が別の友達を呼んで、一つのクラスとなり、別の子供たちが集まり、小さな家庭的な教室が始まりました。

子供が大好きな家内であり、専属の講師である、澤田あゆみ先生は、子供といるのが幸せです。海外への体験が彼女に与えた大きな豊かさを是非とも子供 たちに伝えたい。そして、充分な英語力を持ち、海外での生活が出来るように支援したいと願っています。あゆみ先生は、子供を担当しています。

カリキュラムの構成

この小さな始まりから、10年が経ちました。長く教えながら、JAPEC児童英検を導入したり、STEP英検の対策を教えたりしているうちに、自然と新しいノウハウが生まれ、アムスのカリキュラムが作られま

curriculum01

高校生以上は、私、アブラハム・リーが担当しています。大人のフリートーキングクラスは、人気あるクラスで、テーマを持って、会話をすべて英語で行います。話す機会が少ない日本では、このようなマンツーマンでのフリートーキングクラスは、必要性が高いと思います。

色々お問い合わせ下さい。

短期メモリから長期メモリへ

brain語学を学ぶことは、読む・聞く・話す・書くの4つの内容を総合的に言います。しかし、このような4つの機能が自分の脳に受け付けられ、完全に自分の物になるまで、どのような過程が必要でしょうか?

 

続きを読む...

生徒の声

I. A さん

小さいときからアムス語学スクールへ通いました。小学低学年からです。最初は、外国人とお話が出来るようにしたいことからはじめましたが、中学生になってからは、受験勉強を目標にし、英検を頑張りました。最近英検準2級に受かりました。そして、高校は、柏葉高校に受かりました。アムス語学スクールに感謝しています。

アブラハム式教授法

abraham-smaller-flatアブラハムは、韓国からアメリカへ、そして、アメリカから日本へ渡り、大きく二つの文化の壁を越えてきました。アメリカでの生活は、ほとんど大学で の生活でした。 続きを読む...

英語教育の方針

classes01-small

英語教育の方針:

* 英語を学ぶには、時に合う表現が出来るのが大事です。どんな場面でどんな表現をすれば、通じるのかを中心に教えます。
* 完全に学ぶ前に次に進まず、何回も繰り返し自分のものとなった時、次に進みます。
* 常にネイティブと関わる機会を与え、学んだことを実際に使って見る機会を与え、伝える喜びを感じられるように努力する。

 

 

続きを読む...