今までのあゆみ

アムスの今までのあゆみ

アムス語学スクールの今までのあゆみ

帯広での始まり

アムス語学スクールは、1999年1月東京の外国人友人達が私たちのところを訪れ、短期集中型の英会話教室を行ったことから始まりました。当時、私たちは、帯広の東に住んでいて、大きな古い家を開放し、安く誰でも参加できる英会話クラスをネイティブの講師5人と一緒に始めました。たった1ヶ月の短い間に、丁度冬休みを利用してほぼ毎日の英会話教室、文化交流を行い、コンサートや文化紹介プログラムを多数行いました。

それから、幕別町札内に引越ししたのですが、そこがなんと、上記の1ヶ月間の短期講習に来た小学生の家のすぐ近くで、何回か遊びに来た時に、「私に英語を教えてください!」言われたのが、アムス語学スクールの始まりです。それから、友人たちが参加し始め、小さなクラスとなり、それも、増えて二つのクラス、そして、自分たちの家を開放しても入りきれないほど人数が増えましたので、もっと大きな家に引越しすることとなりました。

2002年春日町へ引越し、近所の子供たちや息子の友人たちも加わりました。

image037

ここで、私たちが語学を教える理由について語らせてください。

 


私たちが英語を教える動機:

私たちがこのように子供たちに英語を教えたり、大人に英語や韓国語を教える最も大事な動機があります。それは、一人一人には、その人に与えられた人生の目的があるからです。その目的に適う人生を過ごすためには、お一人お一人に合う将来への準備が必要です。また、語学は、その文化や海外への新たな、鍵となるものです。私たちも海外生活(カリフォルニアとハワイ州)を通して、英語が話せることでどんなに豊かな人生が過ごせるのか?を体験してきましたので、この子供たちに、また、大人に、将来開かれる道への門を開くことの出来るカギを準備することのお手伝いをしたいという思いがあるからです。

どんな方にも、語学が出来るということは、世界へ広がる道へのカギを持つことです。

皆さんに是非とも、私たちの体験や乗り越える語学への道にお手伝いさせてください。楽しく、実践的にその一方を一緒に歩みましょう。

 


幕別町札内に移動

2002年には、幕別町札内春日町に引越しをして、新たに教室を続けました。近所の子供たちと一緒に英語を学びながら、特別な活動もしていました。スマイルパワーという活動でした。これは、子供たちが自発的に始めたもので、自分たちが皆さんにスマイルを分かち合えることを目指して、私たちが指導をすることで、活動をすることとなったのです。これは、世代とのふれあいは、語学を学ぶことと似ていて、外国人とお話をすることと同じ原則があるからです。外国人と話すためには、その文化の違いを理解する必要があるように、お祖父さんやお祖母さんと会話をするためには、その人の文化を理解できなくては、うまく会話を進めることが出来ないのです。

2004年には、幕別町札内青葉町にも、教室を広げることとなりました。現在、ここがメインの教室となっています。ここでは、多くの外国のゲストが泊まりながら、英会話教室のゲストとなり、生徒と触れる機会がたくさんありました。

image053

ここで、色んなゲストをご紹介しましょう。

 


今までのゲスト

2000年

guest06guest05guest07guest08guest09guest10

 

 

 

 

 

2001年

  • ソニー    ラオス系アメリカ人の留学生
  • グレン   イギリス人でNOVAの講師
  • ナオミー   姉妹教室イーコムキッズ(帯広)の講師
  • guest01デービッド・バングラ  アフリカ人ゴスペル歌手

2002年

  • guest02ギャリー・ゲリソン アメリカ人で手話の先生
  • guest04ディレーナ  アメリカ人歌手
  • クレッグ   アメリカ人
  • マーク    人形劇 手品 ジャグリングの名手
  • フユジ    キリギスタン在住日本人

2003年

  • guest03デービッド・ハン カナダ在住韓国系アメリカ人
  • guest04ディレーナ  アメリカ人歌手

2004年

Lisa_Ragsdale_smallMelissa_Henricks_smallSuzanne_Suit_small

Brandon_Suit_small

Chaz_Henricks_small

 

 

 

2005年

kaman2005ashley2005john2005

 

 

 

 

2006年

nicoleshaded200akikobrown200charles-drum

amalia200d-chan-makoto-200l

 

 

 

 

2007年以降は、最新のギャラリーでご覧になれるようにしたいと思います。

 


浦幌教室のはじめ

2006年9月からは、田舎でも良い機会を与えることを目指して、浦幌に教室になる建物を購入し、浦幌教室を始めました。

image035

浦幌は、人口6000人未満の小さい町です。ここにも英会話教室・受験対策教室として、英語や数学を教えています。

札内と浦幌を通いながら、両方の教室を運用するようになりました。最初は、通うことが大変でありましたが、今は、1時間程度の運転に慣れました。

移動教室のはじめ

2014年11月から札内教室の代わりに、移動教室を始めました。キャンピングカーを改造して教室として使っています。これは、遠方から来られる方のために、そして、送り迎えが難しい方のために始められたものです。また、地方でも同じ語学クラスを受けることができるようなコミュニティビジネス通してのサービスでもあります。

小さい教室、家庭的な雰囲気での教室を今まで、口コミのみで行っています。

是非、ご連絡ください。

よろしくお願いします。

アブラハム・リー@アムス語学スクール

 

アムス語学スクールのご紹介

abraham_ayumiアムス語学スクールは、1999年自宅を開放して近所の子供たちを教えるところから始め、口コミのみで成長してきました。一つのクラスが、次のクラスへと楽しく英語を学べるように色んな工夫を重ねながら小さいうちから英語に触れて、実際ネイティブスピーカーをゲストとして招いて伝える喜びを味わせることを私たちの喜びとしてきました。

アムス語学スクールの代表は、韓国系のアメリカ人で二つの文化の壁をすでに越えているため、文化の違いと言語の学びの方法について教えることがたくさんあります。子供に言語を習わせるには色んな理由があると思いますが、21世紀の国際人に育ぅてることを考えるようにお勧めします。
続きを読む...

短期メモリから長期メモリへ

brain語学を学ぶことは、読む・聞く・話す・書くの4つの内容を総合的に言います。しかし、このような4つの機能が自分の脳に受け付けられ、完全に自分の物になるまで、どのような過程が必要でしょうか?

 

続きを読む...

アムス語学スクールの特徴

123classayumi-small

アムス語学スクールの特徴

* 英会話を中心とした学び
* 楽しく学べるようにあらゆる副教材を使用している
* 良い教材を通して基礎から順番で学ぶシステム
* ネイティブスピーカーの数多くのゲスト

 

 

続きを読む...

英語教育の方針

classes01-small

英語教育の方針:

* 英語を学ぶには、時に合う表現が出来るのが大事です。どんな場面でどんな表現をすれば、通じるのかを中心に教えます。
* 完全に学ぶ前に次に進まず、何回も繰り返し自分のものとなった時、次に進みます。
* 常にネイティブと関わる機会を与え、学んだことを実際に使って見る機会を与え、伝える喜びを感じられるように努力する。

 

 

続きを読む...