アムスの今までのあゆみ

幕別町札内に移動

2002年には、幕別町札内春日町に引越しをして、新たに教室を続けました。近所の子供たちと一緒に英語を学びながら、特別な活動もしていました。スマイルパワーという活動でした。これは、子供たちが自発的に始めたもので、自分たちが皆さんにスマイルを分かち合えることを目指して、私たちが指導をすることで、活動をすることとなったのです。これは、世代とのふれあいは、語学を学ぶことと似ていて、外国人とお話をすることと同じ原則があるからです。外国人と話すためには、その文化の違いを理解する必要があるように、お祖父さんやお祖母さんと会話をするためには、その人の文化を理解できなくては、うまく会話を進めることが出来ないのです。

2004年には、幕別町札内青葉町にも、教室を広げることとなりました。現在、ここがメインの教室となっています。ここでは、多くの外国のゲストが泊まりながら、英会話教室のゲストとなり、生徒と触れる機会がたくさんありました。

image053

ここで、色んなゲストをご紹介しましょう。

 

アムス語学スクールを選ぶ理由

tatemono-ams01-small アムス語学スクールを選ぶ理由

  • マンツーマンセミプライベート少人数制(3人以上7人程度まで)で、各個人を大切にして、丁寧に教えます話せる語学を学ぶために必要な会話・リスニング・対話などを重視して、文法、読解力、聴解力など、バランス良い授業を展開しています。
  • アブラハム式 教授法で、言語に密着している文化を共に学びます。 アブラハムは、韓国からアメリカへ渡り、アメリカの国籍となり、それから、日本人と結婚し、日本の文化に慣れていくうち、語学や文化を乗り越える公式を理 解し、東洋・西洋の違いと同時に、語学を学ぶに必要な資質を教えます。言葉と文化は、必ず共に学ぶものであることが、大事なポイントとなります。
続きを読む...

アブラハム式教授法

abraham-smaller-flatアブラハムは、韓国からアメリカへ、そして、アメリカから日本へ渡り、大きく二つの文化の壁を越えてきました。アメリカでの生活は、ほとんど大学で の生活でした。 続きを読む...

生徒の声

I. A さん

小さいときからアムス語学スクールへ通いました。小学低学年からです。最初は、外国人とお話が出来るようにしたいことからはじめましたが、中学生になってからは、受験勉強を目標にし、英検を頑張りました。最近英検準2級に受かりました。そして、高校は、柏葉高校に受かりました。アムス語学スクールに感謝しています。

英語教育の方針

classes01-small

英語教育の方針:

* 英語を学ぶには、時に合う表現が出来るのが大事です。どんな場面でどんな表現をすれば、通じるのかを中心に教えます。
* 完全に学ぶ前に次に進まず、何回も繰り返し自分のものとなった時、次に進みます。
* 常にネイティブと関わる機会を与え、学んだことを実際に使って見る機会を与え、伝える喜びを感じられるように努力する。

 

 

続きを読む...