短期メモリから長期メモリへ

brain語学を学ぶことは、読む・聞く・話す・書くの4つの内容を総合的に言います。しかし、このような4つの機能が自分の脳に受け付けられ、完全に自分の物になるまで、どのような過程が必要でしょうか?

 

まず、必要な概念は、短期記憶機能と長期記憶機能の理解が必要です。人間の脳には、この二つの機能があるといわれています。短期記憶機能というのは、今誰かが言ったある情報、テレビで見た情報など一時的に保存してよい情報などがあります。その時は、覚えますが、時間が経つとすぐ忘れるようになります。このときに、使われた脳の機能は、短期記憶機能です。このような機能から長期に保存できるようになるには、約200回の反復が必要と言われています。

しかし、これを200回反復するだけでは、完全に自分の物になるには、かなりの努力が必要です。しかし、自然体で200回繰り返す内容というのは、どんなものがありますでしょうか?それは、まず、毎日の生活で使われている物の名前などです。例えば、自動車、あるいは、車という言葉をほぼ毎日何百回も言っているのです。車を見ると、すぐ、「くるま」といえるのです。このような情報は、長期記憶機能に蓄積されているのです。

それでは、他の言語を自分の物にするには、繰り返す数によって、完全に自分の物となっていくものもあれば、そうでないものもあります。そうでない例は、昔の2年程度住んだ家の住所や電話番号などです。自分の住所を2年の間に、何回程度言うのでしょうか?200回までは行かないのが普通でしょう。そして、その電話番号も200回まで言う機会はないかと思います。このようなものは、その当時は、覚えても、時間が経つと、忘れがちです。

しかし、過去10年以上住んでいた場所があるなら、話は変わります。その10年以上住んでいたならば、自分の住所を言うことや書くことなどの機会は、200回に違い数を繰り替えて入るはずですので、その住所を覚える方が多いのではないでしょうか?

このように、語学を学ぶのは、繰り返し学ぶのと、同時に、Learning Pointとも私は、言いますが、学びの時があります。それは、好奇心深く何かを探している時は、一回質問し、答えられた瞬間覚えることも出来るのです。好奇心が深い小さい時こそ、すぐ頭に入ると良く言われています。それは、好奇心からLearning Point(学びの時)が生まれ、その時が学びの時となるのです。

このように、数を繰り返すこともありますが、その人の学びたい願いの強さによっても、その回数が少なくても、完全に覚えることも出来ます。このような、過程を繰り返すことで、早くも語学を学ぶことが出来るのです。

アブラハム・リー@アムス語学スクール

{pgomakase}

英語教育の方針

classes01-small

英語教育の方針:

* 英語を学ぶには、時に合う表現が出来るのが大事です。どんな場面でどんな表現をすれば、通じるのかを中心に教えます。
* 完全に学ぶ前に次に進まず、何回も繰り返し自分のものとなった時、次に進みます。
* 常にネイティブと関わる機会を与え、学んだことを実際に使って見る機会を与え、伝える喜びを感じられるように努力する。

 

 

続きを読む...

短期メモリから長期メモリへ

brain語学を学ぶことは、読む・聞く・話す・書くの4つの内容を総合的に言います。しかし、このような4つの機能が自分の脳に受け付けられ、完全に自分の物になるまで、どのような過程が必要でしょうか?

 

続きを読む...

アムス語学スクールのご紹介

abraham_ayumiアムス語学スクールは、1999年自宅を開放して近所の子供たちを教えるところから始め、口コミのみで成長してきました。一つのクラスが、次のクラスへと楽しく英語を学べるように色んな工夫を重ねながら小さいうちから英語に触れて、実際ネイティブスピーカーをゲストとして招いて伝える喜びを味わせることを私たちの喜びとしてきました。

アムス語学スクールの代表は、韓国系のアメリカ人で二つの文化の壁をすでに越えているため、文化の違いと言語の学びの方法について教えることがたくさんあります。子供に言語を習わせるには色んな理由があると思いますが、21世紀の国際人に育ぅてることを考えるようにお勧めします。
続きを読む...

アブラハム式教授法

abraham-smaller-flatアブラハムは、韓国からアメリカへ、そして、アメリカから日本へ渡り、大きく二つの文化の壁を越えてきました。アメリカでの生活は、ほとんど大学で の生活でした。 続きを読む...