受験数学の準備について

浦幌教室で数学を教えて、4年目になります。過去3年を振り返って、数学の高校入試準備は、いつからが最適かを考えてみました。

数学の性質

数学は、階段のようで、前の段階を上らなければ、次の段階を上ることが出来ません。ひとつひとつ段階を踏んで、上るようになっています。しかし、ある段階を失ってしまったら、それを時間をかけてマスターする必要があります。しかしながら、そのためには、たくさんの時間が要求されます。その時間を設けるためには、夏や冬の休みの時期を有効利用する必要があります。しかし、一つの階段は、多くの練習問題を解く時間と苦労が必要です。

数学を理解し、それをマスターすることは、多くの時間と練習が必要です。また、費やした時間に対するテストの点数は、正直に表されます。理解することと、応用できる能力を身につけることで、どんな問題でも解く力がついてきます。

数学の問題は、多様性があり、色んなねじられた問題が出ます。それに準備するためには、難易度の高い問題にチャレンジする必要があります。学力テストは、難易度の1から5と評価するとしたら、2から4程度の問題が出ます。するとしたら、難易度4、あるいは、5の問題を解く練習が出来ていれば、割と簡単に感じられます。しかし、難易度2-3の問題だけ解く練習をしていると、学力テストはある程度解けても、難しく感じられます。ですから、普通の学習の時に、難易度4から5の問題にチャレンジする習慣をつけることで、高得点を得ることができるのです。

テストの準備のため

数学の性質上、テストを準備するためには、普段から、毎日問題集を1ページ程度のペースで学ぶことが必要です。数学は、すべて理解し、難易度4-5の練習問題を解くチャレンジをしていれば、どんな問題が出ても、応用できるようになります。

出来れば、中学生1年生の内に、中学2年生の内容を学ぶようにして、1学年早めに学ぶことが最善な戦略です。概念を理解しているうちに、学校の授業を聞くことが出来ると、全ての内容が理解できるだけではなく、難易度の高い問題へのチャレンジする余裕と時間が許されます。そうすることで、受験の準備を整えることが出来ます。

受験を準備する最善の時期

高校数学の受験準備を始める最善の時期は、小学6年生の後半からです。なぜなら、その時期からだと、小学生の全ての内容をまとめて整理し、中学1年生の勉強を先に進めていくことができるからです。そうすることで、高校受験の準備を、余裕を持って進めることが出来ます。

少なくとも、中学生になる前から高校受験の数学を学び始めることをお勧めします。

詳しい数学受験について、お問い合わせください。

アブラハム式教授法

abraham-smaller-flatアブラハムは、韓国からアメリカへ、そして、アメリカから日本へ渡り、大きく二つの文化の壁を越えてきました。アメリカでの生活は、ほとんど大学で の生活でした。 続きを読む...

アムス語学スクールのご紹介

abraham_ayumiアムス語学スクールは、1999年自宅を開放して近所の子供たちを教えるところから始め、口コミのみで成長してきました。一つのクラスが、次のクラスへと楽しく英語を学べるように色んな工夫を重ねながら小さいうちから英語に触れて、実際ネイティブスピーカーをゲストとして招いて伝える喜びを味わせることを私たちの喜びとしてきました。

アムス語学スクールの代表は、韓国系のアメリカ人で二つの文化の壁をすでに越えているため、文化の違いと言語の学びの方法について教えることがたくさんあります。子供に言語を習わせるには色んな理由があると思いますが、21世紀の国際人に育ぅてることを考えるようにお勧めします。
続きを読む...

短期メモリから長期メモリへ

brain語学を学ぶことは、読む・聞く・話す・書くの4つの内容を総合的に言います。しかし、このような4つの機能が自分の脳に受け付けられ、完全に自分の物になるまで、どのような過程が必要でしょうか?

 

続きを読む...

アムス語学スクールを選ぶ理由

tatemono-ams01-small アムス語学スクールを選ぶ理由

  • マンツーマンセミプライベート少人数制(3人以上7人程度まで)で、各個人を大切にして、丁寧に教えます話せる語学を学ぶために必要な会話・リスニング・対話などを重視して、文法、読解力、聴解力など、バランス良い授業を展開しています。
  • アブラハム式 教授法で、言語に密着している文化を共に学びます。 アブラハムは、韓国からアメリカへ渡り、アメリカの国籍となり、それから、日本人と結婚し、日本の文化に慣れていくうち、語学や文化を乗り越える公式を理 解し、東洋・西洋の違いと同時に、語学を学ぶに必要な資質を教えます。言葉と文化は、必ず共に学ぶものであることが、大事なポイントとなります。
続きを読む...