実用英会話

病院での英会話

Conversation and words to use at the hospital

Conversation at the Reception Desk
  • 治療をお願いします。
  • I would like to see a doctor, please.
  • ( )語を話す先生がいますか?
  • Are there any doctors who speak ...........?
  • ( )先生はいらっしゃいますか?
  • Can I see Dr. ...........?
  • 以下のような症状があります。(単 語集から選んでください
  • My symptoms are ................. (Please select from the glossary.
  • 私は( )に対しアレルギーがあります。(  )の中は単語集から選んでください。
  • I have an allergy to .............. (Please select from the glossary.
  • いま別に( )の治療を受けています。
  • I'm also being treated for .............. at the moment.
  • いま妊娠して(1.います 2.いません)
  • 1. I am pregnant. 2. I am not pregnant.
  • 領収書をください。病名は英語かドイツ語で書いてください。
  • Could I have a receipt, please? Please write the diagnosis in either English or German.
  • 過去(年/月前)に( )の手術/治療を受けたことがあります。
  • I have a history of the surgery/treatment of ..............years/months ago.
  • いま( )の薬を飲んでいます。
  • I am taking ..............(name of the medicine).
  • 待ち時間はどれくらいですか?
  • How long do I have to wait?
  • 女性の先生をお願いします。
  • I would like to see a female doctor, please.
  • 薬だけほしいのですが。
  • I only need medicine.
  • 診察を受けないと処方箋は出すことができません。
  • We cannot issue prescriptions without a consultation.
  • 診断書を書いてください。
  • Please write a medical certificate.

短期メモリから長期メモリへ

brain語学を学ぶことは、読む・聞く・話す・書くの4つの内容を総合的に言います。しかし、このような4つの機能が自分の脳に受け付けられ、完全に自分の物になるまで、どのような過程が必要でしょうか?

 

続きを読む...

アブラハム式教授法

abraham-smaller-flatアブラハムは、韓国からアメリカへ、そして、アメリカから日本へ渡り、大きく二つの文化の壁を越えてきました。アメリカでの生活は、ほとんど大学で の生活でした。 続きを読む...

英語教育の方針

classes01-small

英語教育の方針:

* 英語を学ぶには、時に合う表現が出来るのが大事です。どんな場面でどんな表現をすれば、通じるのかを中心に教えます。
* 完全に学ぶ前に次に進まず、何回も繰り返し自分のものとなった時、次に進みます。
* 常にネイティブと関わる機会を与え、学んだことを実際に使って見る機会を与え、伝える喜びを感じられるように努力する。

 

 

続きを読む...

アムス語学スクールを選ぶ理由

tatemono-ams01-small アムス語学スクールを選ぶ理由

  • マンツーマンセミプライベート少人数制(3人以上7人程度まで)で、各個人を大切にして、丁寧に教えます話せる語学を学ぶために必要な会話・リスニング・対話などを重視して、文法、読解力、聴解力など、バランス良い授業を展開しています。
  • アブラハム式 教授法で、言語に密着している文化を共に学びます。 アブラハムは、韓国からアメリカへ渡り、アメリカの国籍となり、それから、日本人と結婚し、日本の文化に慣れていくうち、語学や文化を乗り越える公式を理 解し、東洋・西洋の違いと同時に、語学を学ぶに必要な資質を教えます。言葉と文化は、必ず共に学ぶものであることが、大事なポイントとなります。
続きを読む...